Amazonサーチ

2019/07/30

本気で考えるモバイルバッテリ。

自分は携帯端末が複数台あるため、とくに仮想通貨の取引を始めてからバッテリ消費が激しくなったため、モバイルバッテリが必須です。(Lightning取引のサイトはバッテリを激しく消耗する!)これまで何台もモバイルバッテリをつかってきましたので、本気でレビューしようと思います。正直、この2年で大きく進歩しました。キーワードは「PD」30W、10000mAh以上!200g以下!につきます。


まず、現在現役の3台を紹介(2019年7月導入の最新鋭)
1号機:今のメイン

Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/Power Delivery対応/USB-C入出力ポート/PowerIQ搭載/低電流モード搭載】iPhone&Android対応

192gで18Wの入力・出力。出力はUSB-AとUSB-C。10000と小さいが、この子への充電スピードが速いので、ACがどこでも使える今日この頃、iphone7 plus2台でもこれ1台で十分。先代の13000に比べて同じUSB-Cか!というくらいの充電スピードの違い、持ちやすい、軽い、小さいと素晴らしいとしか表現できない逸品。超おすすめです。充電時も給電時も多少暖かくなるくらいのパワーです。

2号機:おちかくのお出かけ用

Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証取済 / Power IQ搭載 / LED Wheel搭載】iPhone & Android対応 

これはとにかく小さい128g。入出力は10Wしかできないものの、ポーチに入れてちょっと近くに外出するには十分。(松山までのJRやバス移動はちょっとしんどい)心の安定のために小さなショルダーにでも忍ばせています。入力はMiniUSB、出力はUSB-Aと旧世代なので要注意。1号機では重いなあ、という、近くの焼き鳥屋さんに行くときなどに活用中。とにかく小さくて持ちやすいのがGood。

3号機:これは巨大。
ちょっとお値段高めだが、PD対応のACアダプタとケーブルが付属。キャリーオンケースにいれての使用がメイン、USB-HUBモードの使用経験はなし。これまでの26800、20000モデルに比べてエッジがラウンドで収納性が上々なのととにかくPD対応なので充電も速く、給電スピードも優秀。PD対応のACアダプタは職場においてMacbookPro13への給電マシンとして活用中。

ACアダプタはほぼこの1台で済ませています。
この大きさで30W。USB-Aが1個とPD対応のUSB-Cが1個。通常のUSB-Aが2個のもの(それぞれ2.4Aの強いモノ)に比べても一回り大きいが、このPDによる給電能力は秀逸。だまされたとおもって使用してみてください。最強です。リュックからキャリーオンのときまでこれ1個。


で、これまでに使ってきたものを紹介

Anker Powercore26800 (実際はもう少し前のQC3.0対応のもの)いまはPDなんですね。
これは凄い容量。しかもQC3.0は当時のUSB2.0対応端子では速い充電速度もよかった。さらにアルミ製の質感もかなり上々。いまはPD対応なので充電も相当はやくなっているはず出力はUSB-Aなのでちょっと時代遅れ感はありますが、外でも使える、高出力対応といいものです、実家に譲り、母が自室でほぼ据え置き活用中。
AnkerPowercoreII Elite20000(ディスコン)
USBが3系列出力できる、かつ入力が2系列とUSB2.0の限界を超えようとしたマシン。プラスチックの筐体で軽量化。鞄に適当にいれても他のモノが傷つかない逸品。今は車の中にいれてソーラーパネルからチャージ、非常電源にするべく活用中。
Anker Powercore13000 (MicroUSB対応)
上の20000は確かによかったが大きく重く、ショルダーバッグやスリングバッグではきつい!とのことで、小型機を導入。これははじめてのホワイトモデル。結構活用したものの、現在は引退し家内に譲りました。白なのでとにかく汚れやすい。
Anker Powercore Fusion5000
ガジェット大好きなコメディカルさんが使っていたのをみて導入。上記13000を家内に譲り(ホワイトなら使うと言われたので)こちらに。確かに、刺しておくだけで充電しながらACアダプタになってUSB-Aが2出力できるのはすごくありがたい。ありがたい、、そして大きさの割に中が軽い。。が、致命的な欠点が。。なんと、iPhoneの充電をするとあっというまになくなる。とくに2台なんて充電してしまった日には文字通り「すぐにカラッカラ」というわけで速やかに引退し家内に。これは黒ですが出張に便利だと活用されています。

再び20000のモデルを使用し始めたモノのやはり重い。不便。というわけで次に購入したのがAnkerPowercore13000(USB-C)
これ、結構よくて1年間使い倒しました。とにかく外出、出張、すべてこの子だけにがんばらせました。その結果、バッテリ性能は維持されたものの(これはこれですごい)、筐体のプラスチックが欠けまくってしまいました。この7月のプライムセールで一番上の2機種を導入。予備役に。



0 件のコメント:

コメントを投稿