Amazonサーチ

2020/01/06

レーダー探知機はまよわずユピテルのLS310かLS700を選びましょう。

まずお断り。どのメーカーからも一円もいただいておりません。もちろん私は安全運転を心がけておりますが、最近の車は車速感が全くないことも多く、特に高速道路の下り坂では速度オーバーになっていることもあります。今回の道路交通法、ながらスマホが取り沙汰されていますが、それだけではありません。青切符の反則金が全般に値上がりしています。仕方ないことです。
自分は1996年に免許をとったときからレーダーを使っています。
マルハマ(今は倒産)の通常型ソーラーレーダー(取り締まり現場無線が聞こえるもの)、LHシステムがはいってからはGPS対応のものにUpgrade、そしてマルハマがつぶれた後はセルスター、コムテック、ユピテル・・・自分の車、父の車、弟の車それぞれいろいろなメーカーを使ってきました。が、2002年につけたユピテルのZF935Siがとっても気に入ってしまい、2019年末まで使っていました。もちろん故障なしです。
同じ頃父が、コムテックのZEROシリーズ(の最上機種)を購入していてその比較です。

1 コムテックはデータ更新無料でユピテルは年会費制
2 一般道ー高速道の切替はユピテルはほぼ一瞬でコムテックは時間がかかる
3 余計なアラームは圧倒的にユピテルがすくない。同じところのものはiキャンセラーで何回か通ると学習してならなくなる。コムテックにはその機能なし
4 実際に取り締まりをしているところに遭遇したとき、コムテックとユピテルの感度では圧倒的にユピテルがすぐれていた。
まあ、オオカミ少年というところです。

なぜこのタイミングで買い換えたか
1 オービスがループコイルからレーザータイプに進化
2 ユピテルのレーザー感知器がレンズの進化で使い物になるようになった(第2世代)
3 愛媛県にもコンパクトオービスが導入され、それが東京特殊無線のレーザータイプであった。

もちろん街中でスピードを出すようなことはありませんがトンネルの中でもガンガン運用されているという恐ろしい話があり、これはもうさすがに、と買い換えを決意しオートバックス、イエローハットへ。だが・・・ない。。。LS310(一体型)、LS700(分離型)ともに「取り寄せ」が10月の発売からずーっと続いていました。ようやく11月末にLS700を1台ゲット(オートバックスで最後の1台!)し自分の車に装着(ダッシュボードの上に取り付けできないため分離型が必要だったため)。年が明けてはじめてイエローハットでLS310を見つけたため家内の車に取り付け。こちらも残り3台で700は取り寄せでした。
他のメーカーのものはふんだんにあります。みんなちゃんとよくわかってます。
19800円でA340というものがありますがこちらはレーザー非対応なので無駄金です。
ユピテルは同じモノを品番を変えて売っていますのでWEBで調べる必要があります。必ず「広角のレーザー感知レンズ」がついているものが必要です。

LS310と同じA360α
LS700はamazonではその相当品も見つかりませんでした

昔矢田亜希子がやっていたアフラックのCMで「よーく考えよー。お金は大事だよ」というCMがありましたがそのとおりで1万円の死に金でなく3万円であっても生きたお金の使い方をするのが大事だと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿