Amazonサーチ

2021/03/05

具体的な候補

 やはりスポーツハイブリッドのSH−AWD、サンルーフ装備、最新の技術をおしみなく投入されているHONDAのレジェンド後継が第一候補。ホンダのディーラーさんはものすごく親切。明るく感じのよいギャラリー、丁寧な整備仕事、こまめな対応も含めて候補。しかし、幅1915で最小回転半径6m。これは車庫に入れるとき4回切り返しが必要と判明し泣く泣く断念。 アコードになるとFFしかないこと、さらに横幅が1900で最小回転半径5.7mと今の車とかわらない取り回しであること、あまり好きでないファストバック形状となることから、こちらもDefer。

憧れのGT-R。これは欲しい。車でなく工芸品、いや、日本が世界に誇る車。ブラックエディションで乗りだし1300万だが、10年経っても900万で売れるのがうれしい。すなわち「借金野郎のGT-R」となっても売ればなんとかなる。が、2ドアは使いづらいこと、長さが短いのでLEGENDに比べると切り返し2回で車庫入れできるが横幅と最小回転半径の関係。そして何よりも極悪な燃費(踏み込んだらリッター2km代、航続300km)から泣く泣く断念。そしてランフラットタイヤ(交換40万!)の指定。でもこれは本当に最後までダークホースとして候補に残っていた。

スカイライン400R。今しか楽しめない、最高のガソリンエンジン車。よくぞ作ってくれた日産といいたい。最高に滑らかで一気に吹け上がるVR30DDTTというV6ツインターボエンジンは日産が世界に誇る至宝のエンジン。ただ、ただ、FRしかない。これだけが唯一の欠点で断念。試乗でこんなに楽しい車があるのか!と思うくらい痺れた。これが600万円を切るなんてあり得ない大バーゲンでしょう。

ベンツS450(W226) これも素敵。中古なら800万くらいでゴロゴロある。最新のストレート6にISG搭載。全てのセダンはベンツを目標に作っているとはよく言ったもので試乗させていただいて感動したものだ。S560もものすごくよかった。が、FRしかない。AWDは左ハンドルのみとなるため自分は運転できないので断念。 最新のS400d、S500は4maticで右ハンドルもあるが、乗りだし2000万。しかも1年間の値落ちが半端でない(200万から300万は軽く落ちていく)からこれは自分には無理と判断し断念。

BMWは超スタイリッシュでカッコイイが自分には似合わないのではじめから候補とならなかった。オシャレでかっこいい人が乗るべき車。レクサスも自分には合わないので却下。GSが残っていたら候補になったはずだがISでは今のLEGENDより狭く、これは無理と思った。カムリベースのESもタクシーで乗るなら快適だったが、自分が運転するのはエンジンの噴け上がりなどが好みではなかった。トヨタクラウンの最後のセダンモデル、1800mmで5m未満という車幅から2.5のAWDを考えたが自分にはあわなかった。

このかなり面倒な条件をクリアし、5年以後もきちんと保証がある、ランニングコスト(税金は仕方ないので消耗品代=タイヤとバッテリー、サスペンションのこと)がマシ、予算1000万未満 これらを満たすのは・・・






Audi A6 Quattroでありながらダイナミックホイールステアリングで最小回転半径5.3mだと!これはフィットちゃんと同じじゃないか! 40TDIはディーゼルなので自分の用途には不適切、45TFSIは物足りない、ということで55TFSIが第一候補となった。

ガソリンかディーゼルかハイブリッドか電気か

 ディーゼルはまず考えた。E220dから始まるメルセデスのクリーンディーゼル2000cc。がんばってS400dか。しかしDPF(排気ガス浄化装置)の燃焼などには長距離のってこその意義があるものと知る。さらに、維持費は高く、同じ排気量のガソリンに比べ車重がかなり重い。となると、通勤で毎日25km(片道)以上乗るくらいでなければディーゼルのメリットは受けられないト判断。さらに、クリーンディーゼルであっても11年から「重加算税」となることも知る。よって却下。

ハイブリッドは2種類。プリウス型のストロングハイブリッドとスズキや欧州車のマイルドハイブリッド。前者は動力にモーターを積極的に使用。内部では600Vなどに昇圧して電気が使用されている。後者は12Vまたは48Vの電源をもちブレーキのときの熱エネルギーの回収(回生)と補機(カーステレオ、エアコンをのぞく空調ファンなど)の駆動にこちらをつかうことでエンジンからのエネルギー消費を抑えるというのが主体。もちろんアイドリングストップからセルモーターでなくベルトドライブでエンジンを回す(ベンツはISG、BSG、フォルクスワーゲングループはBAS)ためセルモーターが不要となることやアイドリングストップからの再始動でエンジンやバッテリに負担がかからない、ということが売り。バッテリは通常バッテリとハイブリッド用のバッテリになる。通常のバッテリーは排気量相応(2000ccで1万円から3万円、3000ccでは2万円から5万円くらい)だが、ハイブリッドのバッテリーは小型車(シエンタなど)でも70万から、高級車になると軽く100万という恐ろしいものであることを知った。全固体電池がでるまでは厳しいかもしれない。が、タクシーでもない限り早々交換するようなことはない、とメーカーからは言われているので通常バッテリーの交換だけと割り切ることにした。

エアコンについては、ホンダレジェンドなどはエアコンも「電動」エアコンになっている。これは諸刃の剣で超高温になるエンジンルームの中にある電装品だけに壊れるリスクや壊れたときの修理代が高い(50万から100万程度と通常のエンジン直結型の約2倍!といわれている)ため、特に夏の気温が40度近くなる愛媛では回避しなければならないと考えた。

単純なガソリンは最も信頼があり小型かつシンプル。自分の行う治療・手術もそうだがシンプルであればあるほどトラブルシューティングは容易かつ後日のフォローも容易。最もながらく使用され続けている内燃機関であることに間違いはない。が、さすがにKB2で10年を超えた頃から悪化していたリッター5kmはもう勘弁と思った。

すなわち 自分の使い方ではガソリンまたはマイルドハイブリッドという選択肢となった。

排気量だが、2500のターボ(RB25DET)、2600のツインターボ(RB26DETT)、3700NA−VTEC(J37A)に乗ってきた感触からすると、どうしてもターボがあってもよく使う1500から2500回転のところで乗り味に重要なトルクは排気量Dependのところが大きい。最近は安全装置の関係か、1.5トンを越えるセダンが当たり前になっており、試乗させていただいた結果、最低でも2000ccは必要だと感じた。

形状は自分的にセダン以外は全く考えない。子どもが3人以上となるとミニバン必須だがそうでない場合、きちんとトランクというセキュリティーが確保される荷物スペースがあること、横風の影響を受けづらく高速道路(四国の高速はトンネルー山と山の間の谷間の橋)でも安定して走行できること、4枚ドアで使い勝手がよいこと、特に夏のエアコン効率がよいこと、を考えると、セダンになる。なぜセダンの人気がないのか不思議でならない。ファストバックは格好こそいいもの、大きなリアガラスでエアコンの効率が悪いこと、さらに、ハッチバック(ワゴン)、に近いトランクの構造となるためセキュリティーも不十分になるため、どうしても仕事で使う以上選択肢にはならない。

駆動方式は小型車ならFFでもいいが大型は以前FRで何度かスピンし死にかけた経験もあるのでAWD(4WD)を選ぶことした。ただし、最近の大型FF、AWD FRはとにかく小回りが利かない。KB2は最小回転半径5.7m。現在入居させていただいている築25年の官舎駐車場の図面をいただいてコンパスで作図したが横幅、内輪差、前の道幅を考えると幅1850mmで5.7mが限界となった、これでも横に車が入っていると3回切り返すことが必要となるため、5.5m未満が望ましい。

給油はガソリンスタンドが少なくなっていること(とくに高速道路!)もあり、来年以後は自家用車での県外出張が増えることを考えると一回の給油で航続500km以上は欲しいもの。(西条ー東京が800kmなので1回の給油で行けることが条件)これにあたりRB26DETTのように踏み込んだら一気に燃費が悪化する(ひどいときは3km未満)ようなものは却下となるため、AMGやM、あるいはF Sportsは回避しなければならない。

1 2000cc以上のマイルドハイブリッドかつ楽しめる大出力エンジン

2 セダンでAWD

3 最小回転半径5.5m未満

4 これは好みだが色は白でサンルーフ付き!

5 1回の給油で500km以上「安定して」走行が可能


2021/02/14

車を買うために

 車を買うためにはまとまった資金が必要。

1 残価設定ローン

2 ディーラーローン

3 銀行に借りてローン

4 男は黙って一括!

この4つしかない。

まずディーラーで問い合わせたところ、ぶっちぎりで1をすすめられるこれは相当な罠がある。2%というほかの金利に比べると安いように思える金利のローンがいわれるがこれがまず一つ目。残価にもローンがかかっており、全体金額としては5%程度となるため金利としてはなにも旨みがない。そして、残価保証(走行距離、マイナートラブル)をつけた場合の保険金や減額もある、逆に残価保証をつけない場合の走行距離などはかなり厳しい。営業マンにとっては、売ったときに成績、買い取ったときに成績、買い取った車を売ったときに成績と一粒で3度おいしいとされる所以である。が、それだけではなかった。残価設定の場合は修理やメンテナンスもすべてディーラーで行わなければならない。なのですこしの創でも部品交換となるため、一粒で4度おいしい、となってしまうのだ。 そりゃすすめるわな。


2 ディーラーローンは信販会社を通じるもの。銀行や農協の自動車ローンに比べて一括で契約ができ通ることもあるが、金利が2倍くらいとられる。そもそもディーラーでは残価設定をイチオシとしてくるためこれはすすめられることが極めて少なくなっている

3 銀行や農協のマイカーローン。これは金利がディーラーローンの半額、といっても、まあ3%弱なので自分が定期預金をしているときの金利を考えると、高いもの。ただし、ただし、金利が半額というのは大きい、なので、面倒でもディーラーローンではなく、手間はかかってもこちらを選ぶべきだと思う

4 一括 いくら低金利といっても、自分が預けた金額に対する金利がまったくないことは誰もがしっている。100万あずけていて1円つくかという低金利時代。自分は車を買う(買い換える!)と買えたときから、ずーっとWealthnaviとレオスひふみ投信に全力で入れていました。月末のクレジットカード引き落としが終わりしだい、ぎりぎりぎまで入金、絶対に引き出しはしない!と断固たる決意を完徹していました。


そのけっか わかりやすく説明すると

1000万の車を買うとしたとき、(車の減価償却は6年)

残クレ5年の場合1500万

ディーラーローンの場合1300万

銀行ローン5年の場合1150万

普通に貯金した場合1000万円(預金金利はほぼ1万円程度?)

時期を選んでWealthnaviやレオスを解約した場合800万

となるわけです。ひとから「これがおすすめです」「あなただけのプランです」という言葉は絶対に信用しないようにしましょう。自分で勉強して理論武装をすることだけが正義だと感じました。もちろん余裕があれば、5年または3年ごとにディーラーで新しい車に買い換えるのがベストです。新しければ新しいほど安全で快適。これだけは事実だと思います。




車を買う。

 2010年から愛用していたホンダLEGEND。ものすごく大事にしていたのだが、ヘッドライトの曇り、走行9万キロとなり10万キロリニューアル(タイミングベルト、ブレーキ関係など)、13年の重加算税、革シートのへたり(ささくれ)などは気になるところでした。

J37AのNA-SOHC-VTECにより気持ちのいい噴け上がり+SH-AWDという最新の技術による光速コーナリングを越える車はあるのだろうか。自分の中ではそれを満たすことができるのは、、、Only GT-Rであった。ベンツのSクラス、ホンダの新型LEGEND、などなど含めて本気で調べた。

新型LEGENDは本気で考えた。が、車幅と長さの問題以上に大きな問題となったのが最小回転半径。官舎の駐車場で実際にコンパスで作図したが、目の前の3m道路、そのさきのもう一度ターンができない。いや、できなくはないが、車庫入れに理論上3回の切り返し(現実としては下手をすると4回必要だろう)が必要となる。いくらNSXを前後反対にしただけのスーパーセダンとはいえ、これでは使い物にならない。スバルのLegacyは素敵だ。誰がどう見てもいい。安全で高速コーナーもいい。しかし、RやLEGENDに乗り尽くした自分にはやはりGT-Rをのぞき自分の本能を満たしてくれそうな相棒はいなかった。

2021年1月、ついに日本でも新型Sクラス(W223)が発売された。数年前東京で乗せてただいたE350、S560は素晴らしいものであった。なんというか、事故をしても自分は守られる、相手も守られるということが少し乗せていただいただけでわかった。ベンツは違う。別次元。しかし、3年前松山のベンツに行ったところ、「おかけください」もなかった。自分はベンツを乗るにふさわしくないのだろう。その直後バッテリトラブルで助けたいただいたホンダ新居浜の対応のすばらしかったこと。本当にホンダは対応が素晴らしい。定期メンテナンス、トラブルシュート、完璧だ。親切で博識な工場長さんの顔が浮かぶ。しかし、駐車場はどうにもならない。Accordですら2回切り返しが必要なシミュレーション結果であった。

同僚の超優秀な消化器内科のDRが昨年400Rを購入。もともと米国で修業させていただいたとき、VRエンジンはマキシマで楽しんでいた。滑らか、低速からのシーケンシャルなトルクの立ち上がり、一気に回る噴け上がり。全てが完璧なエンジンだ。RB25DETのリニアチャージコンセプトとVG30DETTの暴力的なトルク、VQ25の滑らかさ、全てを併せ持っていた。これはYamahaエンジンでは無理。90プロジェクトの日産ならではである。さらにFRならではの自然なハンドリング、軽快なターンは、BMWに追いつけ追い越せのSkylineがBMWを追い越した(BMWも最新のスポーツは4WDが主体)瞬間を感じてしまった。アクセルをすこし踏めば後ろから蹴っ飛ばされる感覚で加速し、すこしハンドルを切れば自然に曲がる。こんないい車を日産はつくれるのか!つぶやいてしまった。

しかし400Rには致命的な自分にとっての欠陥があった。FRである。FR好きにとって4WDが受け入れられないのと同様、なんどかスピンして死にかけた、そしてBCNR33からかぞえて20年以上4WDにのっている自分にとってはそこだけはむりであった。逆に自分のSH-AWDに乗っていただいたK先生には、これは自分無理ですね。というコメントをいただいた。そのくらい独特なのが4WDである。

近隣で10年おちのGT-Rが550万。見に行った。ちょっと離れたところで3年落ち1200万のNISMO、見に行った。ああ、いいなあ。凄いエンジンだ。だが、4輪のトルクスプリットはSH−AWDに劣る、使い勝手も当然劣る。回転半径も5.8m。幅は今の車よりも大きい。リセールバリューこそいいもののそれには条件が厳しい。指定の工場でのメンテナンス、ランフラットタイヤ、指定オイル、指定部品交換、、もちろんGT-Rには必要なのだと思うが。。そしてなにより後部座席が狭く、サンルーフがない。もちろんレーシングカーなのでサンルーフなどは論外なのだろうが、それでもあのきもちよさはほしい。2枚ドアは東海道線で185系が淘汰されてしまったのと同様、厳しいものがあった。

でも、GT-RはGT-R。絶対的、孤高の存在。Youtubeで「借金野郎 GT-R NISMO」もみていた。あーるTVもみていた。いいなあ。いいなあ。これ以外自分にはないと。


さあ、自分はどうしたのかどうするのか。



2020/12/22

徳川家光時代以来の接近

 あくまで地球からの方向での見た目ではあるが、木星と土星が近接。0等星の土星に対して大きく近い木星はマイナス2等星。すなわち適正露出は全然違う。もちろん、輪のある土星に合わせてショット。

なぜかブロガーで写真がアップできない。。

地表からかなり近い、日没から間もない、さらに猛烈に風が吹くという悪条件の中、なんとか撮りました。

タカハシのFSQ-106にエクステンダーQをつけ、LE18mm。本体はフジのH1。いや、本気でEM-200が欲しくなりました。


2020/12/07

最終兵器「UV」+HEPAフィルターの空気清浄機

ポータブルの対策は、前回紹介したスマートステアとしましたが、

 安くてメンテナンスフリーで広い面積に使える「ウイルスを完全に死滅させられる」空気清浄機を求めていました。半年、1年で壊れる粗悪品はもうこりごり。

というわけでアマゾンで見つけました。

エコマックスジャパン「紫外線付空気除菌器 EMJ-20」

29800円!


UV-Cは最強の滅菌効果があるものの「無人環境」でなければ照射が困難とのことで墨東病院ではUVロボット(動画の45秒のあたりから)も導入されていました。

なかなかHEPAフィルターにUVを照射、その後の空気もUVで「全てを死に絶えさせて」吐き出すタイプの空気清浄機でよいものはなかったのでおお、と思ったわけです。

もちろん実績があるジアイーノ(FMV-4100)もいいのですが、15万はあまりに高い。そしてメンテナンスがとにかく大変。今日のテレビでも話題になっていましたがレジオネラなどを防ぐため必ず数日に1回のトレイ+フィルターを完全に乾かす作業が必要です。実際、加湿器(超音波型や気化型」できちんとメンテナンスをしていないことによるレジオネラ肺炎も多くなっているようです(困ったことに尿中抗原を検査しなければ鑑別が難しい。しかもあっという間に重篤化・死亡する一方で適切な抗生剤を投与したら治ることも多い)

というわけで届いて早速本日から運用を開始しました。強にするとうるさいくらいの風量が出ます。これは安心です。ダイキンと同じ前面パネルの両サイドと下から吸気、HEPAフィルター+活性炭→22Wの強烈なUV→排出というシステムはすばらしい。フィルターの寿命が3-4ヶ月というのだけがちょっと欠点(ダイキンは10年)

オゾンによる滅菌=ダイキンのストリーマもアリですが値段はこちらが半額。しかも日本製。いいとおもいます。

2020/11/30

正しくて一番わかりやすい「COVID-19」の本

ようやくきちんとした本がでました。しかも新書ですぐに読めます。Kindleだとポチったらすぐにダウンロードして読めます。医療従事者なら誰でもわかる内容です。 

自分が丁稚奉公をさせていただいた墨東病院は医科歯科大学の膠原病内科の関連施設で、極めて優秀な先生方が勤務されていました。サイトカインストームや血管炎、血栓症の発想はその時代に毎日泣きながら病院に籠もっていたときの名残です。

そしてそこを率いていた宮坂正之教授の双子のご兄弟(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/宮坂昌之)でもある昌之教授による著書です。

新型コロナ7つの謎 Kindle
新型コロナ7つの謎 新書

何も言いません。買って読んでください。テレビや雑誌に惑わされない、真実の論拠が書かれています。もちろん、免疫学者さんの本ですので、具体的な感染予防策、現場ですぐ使える治療はほとんど書かれていませんが、自分の中で「ようやくまともな本がでた」というのがまさに感想です。1時間で読めます。