Amazonサーチ

2019/02/10

本気のTUMIなら、BRAVOでなく、素alphaシリーズ?

今度は通勤や日帰り、あるいは1泊2日のショート出張のためのカバン選び。
これも、かつてはACE、Samsoniteなどを使ってきたが、結局2013年からTUMI一本になってしまった。
上が自分の中で「最新鋭」26120D2  左下が水陸両用26180D2 右下が一番古い26141

初代TUMI alpha 26141 ブラックのFXTバリスティックナイロン、エクスパンドつき
2013年初春購入
いまや3代代替わりして、26「03」141になってしまっている。
https://www.tumi.co.jp/shop/g/g02603141D3/
これは凄い2.2Kg をものともしないショルダーストラップ、前後左右のバランスは秀逸。ただ、初代のラップトップケースはかなり大がかり、また、新聞やペットボトルを入れるフロントのオープンポケットにマグネットがないため、本当に「ガバガバ」。ファスナーやFXTのメが粗いのも時代を感じるが、2013年から5年間使って、全く壊れない。ただ、エクスパンドすると、2泊3日まで行けることもあるが、かなり重くなるので注意。「いくらでも入るが、入れたら持てない」典型。これは、23000円で購入。楽天だったか?たぶん本物だと思ってはいますが・・・

2代目TUMI(バックパック)alpha26177 ブラックのFXTバリスティックナイロン
2013年夏購入
こちらも、3代代替わりして26「03」177に。
https://www.tumi.co.jp/shop/g/g02603177D3/
これは、とってもい大きさ。モデルチェンジのフェアで25%引きで購入。逆U字ポケットは本当に大きく開き、使いやすい。中もかなり広い。残念なのはこのあとのAlpha2以後、アドアバッグ機能、PC保護機能内蔵になっているので、こればっかりはAlpha2が欲しいと思っている。1泊2日は十分対応。バックパックはかなり快適。

3代目TUMI(はじめての3WAY) alpha2 26180 ブラックのFXTバリスティックナイロン
2017年4月購入
こちらも3代目がでていて26「03」180に。
https://www.tumi.co.jp/shop/g/g02603180D3E/
2泊3日出張(ガジェットの関係で上記26177には入らなかった)に26141を使っていて、あまりの重さにダウンしていたところ、同行していたメーカーさんに教えていただいた。ヨドバシで並行品を購入。普段はショルダー、移動時はリュック、という水陸両用自動車のようなもの。これはものすごく便利。ここで、Alpha2のすばらしさ(ガバガバにならないオープンポケット、かなり改良された持ち手、内蔵されたPC保護機能とタブレットスペース)を知ってしまう。日常の通勤から日帰り出張はOK。だが、、同じようにみえる26141に比べ圧倒的に容積が少ない!1泊2日でも結構しんどく、なんと、26177にも内容量は劣ってしまったのだ。もちろんその容量だからこそ、3WAYで使えるという計算されたもの(そうでなければトロリーを持て!)と思われるが、単独での出張は困難、スーツケースと共に、であれば、合体はできないが、背負える26177か、合体して思いっきり載せて運ぶ26141の出番になった。
もっぱら、通勤カバンとして毎日働いてもらっていた・・そして

4代目TUMI alpha2 26120 ブラックのFXTバリスティックナイロン
2018年12月購入
こちらも3代目が出来て 26「03」120に。フロントの「雨よけ」つきファスナーと、どうやらサブのファスナーポケットができたがが「全周エクスパンド」は廃止!
学会で偶々訪れたランドマークのTUMIショップでであってしまった。「日本人のための」「13インチPC使いのための」TUMI。一目惚れして、そのままヨドバシカメラの並行品を即購入。これはかなり優秀で、無駄なスペースなし。書類は、今使っているのがMacbookPro13(薄いもの)なので、ちょうどPCスペースにA4書類をいくつかいれるとちょうど良い。シングルポケットの弱点は、2つのポーチに小分けしたガジェット類、身の回り品類でユニット構成。もともとこれと26177は気分で変えることもあるので、このユニット構成はとってもよい。 注意点はフロントが小さめのため、U字でなく、L字であるため、ちょっと取り出しにくい。また、下のポケットは激狭になっている。ただ3cmのエクスパンドは優秀で、1泊2日の出張も可能になる。また、26141と違い、エクスパンドして詰め込んでも「重くて持てない」こともない。さらに、そもそもの大きさが小さいため、取りまわしもよく、使いやすい。 フロントの使い方として、長財布を「小さな方のポケット」にいれて、大きな方のポケットは歯ブラシや消臭剤、香水などを入れる、下の狭いところに名刺入れ(出退勤のID-PASSも入っている)をいれてみるとちょうどよい。幸い雨には当たっていないので、雨になったらどうするか、はまたそのとき考えるしかない(小さいポケットに傘をいれるのは、高さの関係からも大変でしょう)

で、BRAVO。酷評したが、小さなポーチ(コロンブス)を購入している。ウエストポーチとして購入。長財布、IphonePlusが2台、13000mHAのモバイルバッテリとタオルハンカチ、デオドラントなどが入る。このサブとしては、BRAVOの軽さとしなやかさはOK・・

マニラで2016年に購入したBRAVOのリュック
https://www.amazon.co.jp/トゥミ-TUMI-222380-「ルジュヌ」バックパック・トート-0222380/dp/B0116HITDU
既に廃盤となってしまっているが、300ドルでいいよ、といわれたこと、アドアバックとPCスペースがあるリュックが欲しかったので、ついつい買ってしまった。底に防水で靴が入るようなスペースもある「機能重視」モデル、、だが1780gは 重い。 alphaシリーズでは、装飾はなく、そもそもの素材が重いのだが、兎に角コテコテしていて、装飾が重い。でもって、生地は薄いので、ヘニャヘニャ。
バリスティックナイロンとはいえ、alphaシリーズのもの<FXT>とは厚みが半分。その分軽くてしなやかだが、リュックは「ピシッと」立たず、ちょっとふにゃってしまう。そのため、ピシッとトートやリュックにしたときに立たないので、持ち上げるときに26177と違って違和感を感じる。また、これまで「ちゃんと立つ」バッグを使い続けているため、その点でも違和感が。。スポーツやアウトドアにはこのバックにある底のスペースは超優れていると思われるが、、ビジネスにはあまりむかなさそう。

というわけで、自分のイチオシは 26120(最新では2603120)でした。ちょっと高くても、重くても、値段や重さでかえられないものが、素alphaシリーズにはあると思います。
T-PASS対応のビジネスクラスリュックも欲しいと思ったものの、26141同様、かなり体力がないとあれを背負って移動(とくに羽田空港!)はしんどいと思われるので、見送っています。
BRAVOがもうちょっとシンプルで、ピシッと立ってくれれば、うれしいですね。あの柔軟さと軽さには ものすごく 魅力を感じますので。
ARRIVEとかは欲しいですが、高すぎます。




0 件のコメント:

コメントを投稿